2019年10月より消費税10%!家を買うタイミングはいつ?

2019年10月より消費税10%!家を買うタイミングはいつ?

購入・税制006

2018年09月01日投稿

2019年10月より消費税10%!
家を買うタイミングはいつ?

※本記事は執筆時点での情報に基づいています。

2019年10月より消A費税10%!家を買うタイミングはいつ?

2014年4月に5%から8%に引き上げられた消費税が、2019年10月にいよいよ消費税率10%に引き上げられる予定です。人生で最も大きな買い物になる家の購入にどのような影響があるのか、どのタイミングで買うべきなのか等押さえておくべきポイントをご紹介します。

住宅と電卓と預金通帳の画像

家の購入価格はどれくらい違う?

たった2%の増税ですが、家の購入にかかる費用を考えると大きな違いが出てきそうですね。例えば、販売価格が4000万円(土地価格2,000万円・建物価格2,000万円)の物件の場合、消費するものではない土地には課税されませんので、消費税は建物価格にだけ課税されます。

消費税増税後の差額イメージ
このように、増税前と後では支払う金額が40万円も変わってくるのです。この影響は高額な物件になればどんどん大きくなります。その他、購入にかかる諸費用も消費税の課税対象のものと、そうでないものが有ります。また、新生活を始めるための費用にも増税の影響が有りますので、資金計画はしっかりと行いましょう。

課税される費用と課税されない費用の一覧

いつまでに買えば消費税8%?

消費税8%で家を購入しようと考えた場合、その期限には次の2つがあります。

お金の画像

1、購入した家の引渡しを受ける

引渡し時点での消費税率が適用されますので、2019年9月30日までに引渡しを受けられると「消費税8%」、2019年10月1日以降に引渡された場合は「消費税10%」が課税されます。

2、建築請負契約の締結

注文住宅の場合は完成時期がずれ込む事があるため経過措置が取られ、税率が引き上げられる半年前の2019年3月31日までに契約したものは、引渡しが10月以降になっても8%の税率が適用されます。不動産の売買契約は、すでに締結している場合でも契約から決済までにある程度の期間がかかるため、その期間も考慮して家づくりや家探しを始めることをおススメします。

2019年経過措置期限

増税の負担を軽減する制度って?

税負担軽減の制度が色々とありますが、その内のいくつかの制度が消費税10%に上がるのに伴って、さらなる税負担軽減を目的に拡充される事をご存知ですか?

消費税の負担を抱える家族の画像

住まい給付金

住宅取得等資金の贈与の非課税制度

どのタイミングで購入するべき?

家を購入するベストなタイミングは、消費税額だけを比較すれば増税前の方が有利なのは明らかですが、親や祖父母から沢山の援助が受けられる場合は増税後の非課税枠を利用したほうが良いかもしれません。増税で増える負担と、負担軽減の制度から受ける恩恵を天秤にかけ、増税前と後でどちらが自分にとって有利なのかを検討する必要が有ります。

また、消費税については購入のタイミングを決める重要な判断材料であることには変わりはありませんが、それ以上に将来のライフプランを家族とよく話し合い、それに合ったタイミングで購入することの方がより大切ではないでしょうか。

消費税が上がるイメージ

購入・税制カテゴリの最新記事