地震に強い安心の家ジーグラン

耐震等級3

制震ダンパー

パワーボード

アクアフォーム

Low-Eガラス

耐震等級3+制震ダンパー装備の安心感

阪神淡路大震災の1.5倍の揺れにも耐える耐震等級3の強度に加え、
地震のエネルギーを吸収する制震ダンパーを装備した
「地震に強い安心の家」が誕生しました。かけがえのない家族と大切な財産を「災害」から守り、
永く快適に暮らしていただける本当の意味での「安心の家」で満ち足りた安らぎの暮らしをご提供。
それが、飛鳥品質の安心の家「ジーグラン」です。

阪神大震災クラスの1.5倍の揺れにも耐える強さです。

耐震等級とは

-耐震基準と耐えられる地震の大きさ-

建物の強度の指標として、品確法の住宅性能表示での耐震等級があり、建築基準法の範囲内、つまり震度にして6強〜7程度の地震でも倒壊しない強さを「耐震等級1」としています。そして、その1.25倍の強さの地震でも倒壊しない強さを「耐震等級2」、同じく、1.5倍の強さの地震でも倒壊しない強よさを「耐震等級3」として、3段階の等級が設けられています。

耐震補強金物や十分な耐力壁を使用することにより、
阪神淡路大震災クラスの震度6強~7に耐えうる建築基準法の耐震基準の
さらに1.5倍の強さの地震にも耐えることができる建物強度「耐震等級3」を
取得した、安心・安全の住まいです。

建物の強度は建築基準法の1.5倍!

建物の強度は建築基準法の1.5倍!耐震等級の比較画像

揺れを制して地震に備える。木造住宅の地震対策に、「制震」という発想。TRCダンパー

地震の揺れを制して「倒れない家」をさらに「壊れない家」に。
「TRCダンパー」は地震エネルギーを揺れに応じて吸収。
そのエネルギーを熱に変えて放出する特殊なゴムが、
建物の揺れを大幅に低減。

制震とは

-地震エネルギーを吸収する「制震」の、くらべると見えてくる、様々なメリット-

「制震」「耐震」「免震」の特長の図

パワーボード

パワーボードは防火性、耐久性など木造住宅の様々な住宅性能を高める高機能外壁材。豊かな日々の性能は、火災から住まいを守るとともに、37ミリという厚さが他の木造用外壁材に比べて、毎日の快適と、将来の安心をも支えます。

旭化成パワーボードの画像

旭化成パワーボードの画像2

耐久性

旭化成パワーボード耐久性の画像

乾燥収縮率や熱膨張率が小さいので、夏の酷暑や冬の低温・乾燥などに強く、ひび割れや反り、たわみといった変形が起きにくい安定した材料です。

防災性

旭化成パワーボード防災性の画像

壁の重量が重いと、地震時の揺れや、構造体にかかる負担は大きくなります。コンクリートでありながら軽量性も兼ね備えたパワーボードは、地震時の 建物への負担を軽減します。

遮音性

旭化成パワーボード遮音性の画像

パワーボードは、音の反射が大きく音を通しにくい素材です。さらに壁体内に伝わった音は、無数にある独立気泡が吸収するため室内への音の侵入を低減します。

防火性

旭化成パワーボード防火性の画像

パワーボードは、炎や熱を受けても発火することがなく、煙や有毒ガスも発生しません。また、パワーボード内部には細かい気泡があるため、空気層が熱の伝わりを抑えます。

断熱性

旭化成パワーボード断熱性の画像

パワーボードは水に浮くほど軽いコンクリートです。その秘密は、パネル内部にある無数の気泡にあります。この気泡の働きにより、木造住宅用外壁材 の中では優れた断熱性を持っています。

デザイン性

旭化成パワーボードデザイン性の画像

レンガ風やコンクリート打ち放しなど様々なテクスチャーにお好きな色を組み合わせて、自分だけのオリジナルの外観をつくれます。

アクアフォーム

アクアフォームは水を使って現場で発泡させ、柱と柱の間や、細かい部分にも隙間なく充填。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を侵入させにくいため、躯体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。アクアフォームはフロンガスを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材です。

アクアフォームの画像

Low-Eガラス

一般複層ガラスの1.5倍の断熱効果を発揮する、遮熱高断熱Low-E複層ガラス。特殊な金属膜でコーティングされたガラス夏は暑い日差しを冬は冷気をカットします。

Low-Eガラスの画像

お客様の夢を叶えるお手伝いをします

TOPへ

来場予約

資料請求