グランヒルズくずはの安心設備

パワーボードのボタン
TRCダンパーのボタン
アクアフォームのボタン

へーベルパワーボード

4つの価値を護るシェルター

外壁は、建物を護る。建物は、家族と、家族にとって大切なものを護る。それらは、替えのきかない、かけがえのないもの。ヘーベルパワーボードは決して損なってはならない価値を、ずっと先まで護り切る。

命を護る

万が一の事態に屈しない圧倒的な防火性と防災性

圧倒的な防耐火性
圧倒的な防耐火性

一般的なサイディングに比べ、素材の優れた断熱性能と2倍以上の厚さにより、圧倒的な防耐火性能を発揮します。

延焼から住まいを守るには外壁材の遮熱化がポイントです。

隣家が火災時には、外壁面は800℃以上の高熱にさらされることになります。木材の引火危険温度は約260℃であるため、外壁の内側がその温度に達すると構造体が発火する恐れがあります。パワーボードの場合は外壁が直接炎にさらされても、内側は引火危険温度まで上がりにくく、延焼の危険性を減らすことができます。

一般に家屋火災は1000℃を超え、3m離れた位置でも約840℃にも達します。

外壁材の遮熱化
素材は無機質。火に強く煙や有毒ガスを発生しません。
素材は無機質

パワーボードは火や熱に強いコンクリート系外壁材。素材は無機質の珪石などであるため、炎や熱を受けても発火することがなく、煙や有毒ガスも発生しません。また、パワーボード内部には細かい気泡があるため、空気層が熱の伝わりを抑えます。

パワーボードは単体で防火試験をクリアしています。

パワーボードは、その優れた防火性能が認められ外壁材単体で防火構造を取得しています。一般的な外壁材の場合は、外壁材と内装材の組み合わせにより基準を満たすため、防火性能においてパワーボードの優位性は明らかです。

防火試験をクリア

資産を護る

木造躯体を護り続ける強さと安定性

地震の時も構造体の負担が少ないコンクリート建材です

日本は地震大国。壁の重量が重いと、地震時の揺れや、構造体にかかる負担は大きくなります。コンクリートでありながら水に浮くほどの軽量性も兼ね備えたパワーボードは、地震時の建物への負担を軽減します。また、地震時における構造体の変形をパワーボード間の目地で吸収する取付け構造となっており、面内変形試験(地震時の層間変形角を再現する試験)においてもその安全性が確認されています。

コンクリート建材
最大級の台風以上を想定した試験をクリアー

パワーボードは、内蔵されているメタルラス網が強度を充分に補強し、日本のほとんどの地域を網羅する過去最大級の台風(基本風速38m/s)の正圧・負圧に対しても充分な強度を持っています。正圧2,100N/㎡、負圧1,500N/㎡の強風にも耐える設計になっており、実大実験では、負圧の設計荷重の3倍をはるかに超える5,295N/㎡まで耐えることができました。また、台風時の風雨を想定した水密試験でも、異常はまったく見られませんでした。

試験をクリア
漏水保証
業界初の漏水保証をご確認ください

パワーボードは業界初のシーリングを含む10年漏水保証を実施しています。

住宅トラブルの「雨漏り」に強い設計です

住宅の不具合に関するトラブルの相談で比較的多いのがひび割れや雨漏りと言われています。パワーボードでは37mmの厚みとパネル間を埋めるシーリング材、そしてそれら全体をコーティングする塗装材によって雨を防ぎます。

未来を護る

安心して永く住み続けることができる耐久性

パワーボードは2世代を超える長期(60年以上)にわたり、張替え不要を目指しています。

パワーボードは、物性や寸法などの経年変化が極めて少ないため、張替えを前提としておらず、メンテナンスがしやすいロングライフ外壁材です。塗装をリフレッシュすると新築時のイメージがよみがえります。

長期保証

誇りを護る

重厚でいつまでも存在感のある意匠性

長く変わらない美観。多彩なバリエーションで広がる外観の可能性。

コンクリート独特の重圧感と、シンプルで飽きのこないデザイン。37mmの厚みによって生み出される深い彫りは、建物に立体感を与えます。

揺れを制して地震に備える。

木造住宅用 地震対策 制震システム

TRCダンパー

TRCダンパーサブタイトル

地震の揺れを制して「倒れない家」をさらに「壊れない家」に。「TRCダンパー」は地震エネルギーを揺れに応じて吸収。そのエネルギーを熱に変えて放出する、特殊なゴムが、建物の揺れを大幅に低減。

TRCダンパーロゴ
TRCダンパーの画像

制震とは

地震エネルギーを吸収する「制震」。くらべると見えてくる、様々なメリット。

TRCダンパーの制震

TRCダンパーの仕組み

ダンパーに組込まれた特殊粘弾性ゴムが地震エネルギーを吸収します。

TRCダンパーの仕組み1
TRCダンパーの仕組み2
TRCダンパーの仕組み3

特許第3885619号「高減衰エラストマー組成物及びそれを用いたエラストマー製品」

TRCダンパーのメリット

建物の倒壊・変形も抑えて、余震にも高い効果が望めます。

TRCダンパーのメリット

▲このページのTOPへ

水から生まれた住宅用断熱材

アクアフォームで
家中快適空間

アクアフォーム画像
  • 隙間なく充填できますので高い断熱性能を実現。
  • 冬の寒さ、夏の暑さを家の中に入れない高断熱・高気密の断熱材。
    アレルギー対策や騒音問題にも効果を発揮します。
  • 暖冷房エネルギーのロスが少なくなり、暖冷房費やCO2の排出量を抑えます。
  • 人にも環境にも優しい素材。
アクアフォームサブタイトル
ウレタンフォーム

そもそも生まれもって人・地球に優しい!

水から生まれた環境にやさしい断熱材

通常はフロンガスを使用して発泡させることが多いウレタンフォーム。アクアフォームは水を使って現場で発泡させます。これにより柱と柱の間や、細かい部分にも隙間なく充填することができます。アクアフォームはイソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを発泡材として利用するので、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンガスを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。

現場発泡

現場発泡だから出来る!

現場での発泡施工で細かい部分の隙間を解消

アクアフォームは住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹き付け発泡による断熱工事です。無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームはグラスウール10Kgの約1.5倍の断熱効果を発揮します。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を侵入させにくいため、躯体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

高い断熱性と気密性

高い断熱性と気密性

複雑な構造の住宅も現場吹付け発泡だから隙間なく施工できます。また自己接着力によって躯体との間に隙間ができにくく、長期間に亘って優れた気密・断熱性を維持します。高い気密・断熱性をもつ住宅は、省エネルギー効果が高く、建物の暖冷房に要する光熱費を削減します。

冬のキッチン
夏のキッチン

シックハウスも安心

人への安全性も考慮し、シックハウスなどの原因とされる有害物質、ホルムアルデヒドも発生させません。暮らす人だけでなく施工する人にもやさしい素材です。

換気システムの効率化

換気システムの効率化

間から漏れる空気は漏気といいます。建物の隙間が多いと、風や湿気が外から建物の中に入ってきます。建物を効率的に換気するには、まず高い気密性をもった住宅を造る必要があります。高い気密性があってはじめて、効率的に、計画的に建物を換気することが可能なのです。24時間換気システムとの組み合わせで、アクアフォームは健康的な空気環境を造りだします。

結露抑制

結露抑制

透湿性も低く断熱材内部に湿気が入りにくいため、躯体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

静かな住空間・吸音性能

吸音性能

アクアフォームの細かな連続気泡構造は吸音性にも優れています。高い気密性により外部からの騒音の侵入や、生活音の漏れを気にすることなく快適に暮らしていただけます。

お得に節電生活

隙間のない構造で暖冷房のロスが少なく、一般的な住宅と比較し、暖冷房に必要なエネルギーを約1/2に抑えることができます。

節電

▲このページのTOPへ